お金の無駄使い(浪費)についてあなたが知っておくべきこと【AwaLab~アワラボ~】 | 株式会社 AWARENESS
Loading...
Loading...

AwaLab

 

お金の無駄使い(浪費)についてあなたが知っておくべきこと


なぜ多くの方が、お金の問題に直面してしまうのでしょうか。

その最たる原因は、
出費をコントロールできていないからだと言えます。

お金を失う人、貯まらない人、増えない人は
お金を無駄使い(浪費)している確率が非常に高いです。

浪費とは、
「不必要なものを感情的に衝動買いすること」
「お金・時間・エネルギーを無駄に使うこと」
を指します。

貧乏になる人に限って、収入のほとんどを、
「実は必要ではない無駄なもの」に使ってしまっているのです。

これでは、お風呂の栓が常に抜けてしまっている状態です。

どれだけ収入が増えたとしても、そのたびに出費が増えていたら、お金を増やすことは難しくなります。

無駄使いのサイクルに入ってしまう原因とは

なぜ、多くの人がお金を無駄使いしてしまうのでしょうか。

その理由は、

①むなしさや寂しさ、不安な気持ちを埋めようとしている、または力や自尊心を表現したい
 ↓
②お金の無駄使い(浪費)
 ↓
③無駄使いの正当化
本当は必要ではないものを、自分にとって必要なものだと都合の良い解釈をしてしまう。
 ↓
④一時的な満足を得られる

このように、
ストレスを紛らわしたいという気持ちから
お金の無駄使いという行動を繰り返してしまうのです。

また、20代は収入がほぼ生活費で消えてしまうのに対して、30代、40代は収入がはるかに高くなり貯蓄も増えていきます。

しかし、ほとんどの人はお金が増えることで、今よりもっと良い生活をしたいと思い、生活水準を上げるため、新居、新しい車、さらに素敵な服、旅行などにお金が使われていくことになります。

結果的に、50代、60代の頃になってはじめて老後に対しての準備が出来ていないことに気づきます。

このサイクルに一度でも入ってしまうと、なかなか抜け出せません。

改善するためには、ダダ漏れになっている栓を閉めることに真剣に向き合う必要があります。

無駄使いのサイクルから抜け出す方法
まず、支出を管理することが第一歩です。

1.どれだけ使ったかを把握する

①使ったお金をすべて記入していく
※お金を使ったらその都度、品物と金額を記入する
・自分のお金を使うパターンを把握することが出来る
・自分を客観的にみることで、感情や行動をコントロール出来るようになる

記入項目例:日付/品物/代金/1日の合計金額


②投資・消費・浪費の3つに区分けて記入する
投資…自分の将来の目標達成や成長の為に使うお金
消費…生きていくために必要なお金。
   主に『衣食住』に関わる出費。
浪費…無駄使い


2.出費を減らす

①特に、最も出費の割合が高い項目を見直す

・家賃を見直す
基本的には給料の25~30%程度に抑えた方がいい。
本当に支出を減らすなら、住む場所のグレードを下げなければならない。

・車を見直す
車は様々なお金が掛かるので不要ならば車は買わない。
車を持たないことは資産形成に高い効果を発揮する。

・保険料を見直す
過去に加入したままの保険は、大きなムダをカットできる可能性が高い


②浪費(嗜好品)には、一切お金を使わないことを決める
・無駄使いしていることはスパッとやめた方が楽
・付き合いの飲み会には参加しない
・ズルズル2次会には行かないと決める


③クレジットカードは計画的に使う
・年会費無料のカード1枚だけにする


④感情的な買い物は1日待つ(衝動買いをしない)
・衝動買いは、一瞬でお金を消費するので注意
・本当に必要なものだけを買う


3.借金がある人は最優先で返済する(金利が高いものから)
借金自体が悪いと考える人がいますが、経済自由人から見れば、良い借金をすることは最高のレバレッジになります。
 
しかし、もしあなたが抱えている借金が、高金利であなたのお金をどんどん奪っていくものだとしたら、その返済が最優先です。

・クレジットカードなどの金利が高い借金から先に完済させる
例:金利18%など2桁の金利がついている借金

・金利が低い借金(奨学金など)がある場合は、貯金、投資(まずは自己投資)を同時に行いながら賢く完済していく

幸せでバランスの取れた経済自由人のお金の価値観を身につける
幸せでバランスの取れた経済自由人は、倹約が大前提です。

ポイントは、
無駄使いをなくし、毎月少ない額からでいいので貯金や投資を始めることです。

すぐにお金持ちになろうと考えるのではなく、5年~10年スパンで考え、毎日少しずつ小さく倹約を実践し、自制心を育てることが大切です。

そして、昨日よりも今日、一日一日お金持ちになる積み重ねが、無駄使いのサイクルから抜け出す最も確実な方法になります。

まずは、今から出費を見直し、無駄使いをなくすことからはじめてみましょう。