聞き上手になって信頼を手にする方法【AwaLab~アワラボ~】 | 株式会社 AWARENESS
Loading...
Loading...

AwaLab

 

聞き上手になって信頼を手にする方法


身近な人間関係を振り返ってみて、尊敬できたり、信頼できる人とは、

「この人は私のことをわかってくれている」と思える人ではないでしょうか。

良好な人間関係を築くためには、まず相手を理解することが最重要です。

みなさんも自分のことを理解してくれている人のことを、もっと理解したいと思った経験があるのではないでしょうか。

今回は聞き上手になって信頼を手にするための
「相手を理解する4つの聴き方」をお伝えします。
①相手を理解しようと思って聴く

ほとんどの人は、次に自分が何を話そうかを考えながら聞いていたり、
自分はどう思われているのだろうかと考えながら聞いています。

自分を理解してもらおうとするのではなく、
まず相手を理解しようと思って話を聴くこと。

心の底から相手を理解したいという気持ちを持って聴くことが大切です。

②相手の立場に立って考える

自分の体験談や価値観を通して相手の話を聞くのではなく、
相手の立場に立って、相手と同じ視点でものごとを見ることです。

相手が見ている景色が表で、あなたが見ている景色が裏であれば会話は噛み合いません。

相手が見ている景色が表なら、あなたも相手側の視点に立ち、
一緒に表側の景色を見ながらコミュニケーションすることが大切なのです。

③相手の話に口をはさみたくなっても、聞き役に徹する

自分の経験やアドバイス、意見を相手に押し付けるのではなく、
理解しようとして、聞き役に徹すること。

自分の話を聞いてもらいたくなっても、
「自分のことは次会ったときにでも話せる」という気持ちで我慢する。

④相手の話を集中して聴く

何か別の作業をしながらとか、他のことを考えながら聞けば、それが一発で相手に伝わります。
相手の話を集中して聴き、相手の感情、考え、気持ちを感じとることが大切です。


いつも相手を理解しようと思って耳を傾ける姿勢を持つ
私たちが一番求めていることは、ひたすら共感しながら話を聴いてくれて、自分を理解しようとしてくれる人ではないでしょうか?

落ち込んでいる時、イライラしている時、悩んでいる時
嬉しい時、楽しい時、ワクワクしている時、

相手が必ずしも答えやアドバイスを求めているとは限りません。
ただ、話を聞いてもらうだけで十分なときもあるのです。

苦しんでいる人や、幸せな人に寄り添う能力が本当の共感です。

先に相手を理解するから、結果的に理解してもらえるようになります。

あなたの心に寄り添って、「その話、もっと聞かせてくれる?」と言ってくれる人に、
まずは自分がなっていきましょう。

あなたは最近、大切な人の話を「理解しよう」と思って聴きましたか?