変わりたいのに変われない。 自分を変える唯一の方法とは【AwaLab~アワラボ~】 | 株式会社 AWARENESS
Loading...
Loading...

AwaLab

 

変わりたいのに変われない。
自分を変える唯一の方法とは


「変わりたいはずなのに、やる気が出ない…。どうしたらいいの?」
という方に向けて、メッセージをお送りします。

こんな風に思ったことはありませんか?

「やる気が出ないのは、自分が悪い」

「自分に変わるだけの能力がない」

やる気が出ないと、自己嫌悪になってしまう人が多いようです。
誰でもモチベーションが下がることはあります。

やる気が出ないのは、自分の素質だけの問題ではないのです!

では、どうしたらモチベーションを保ち続けることができる自分になれるのでしょうか?

重要なことはたった1つ
その答えは「目的」です。

その理由を、ハッと気付かせてくれるイソップ童話を紹介します。

3人のレンガ職人のお話です。

彼らが作業する「目的」に注目してみてください。

-----------------------------------------------------------

【3人のレンガ職人】

ある旅人が、A村の一本道を歩いていると、3人のレンガ積みをする男に出会った。

「なぜ、レンガを積んでいるのか?」
と尋ねると、

1人目は、辛そうに、
「そんなの知らないよ。命令だから積んでいるんだ。」
と答えた。

旅人は、慰めの言葉を残し、立ち去った。

2人目は、淡々と、
「これが私の仕事でね。家族を養っているんだ。大きな壁になるそうだよ。」
と答えた。

旅人は、励ましの言葉を残し、立ち去った。

3人目は、目を輝かせ、
「偉大な聖堂を創っているんだ。多くの人の祝福の場にするんだ。素晴らしいだろ。」
と答えた。

旅人は、お礼の言葉を残し、旅をつづけた。

------------------------------------------------------------------------


みなさんは、どの職人になりたいと思いましたか?

目的に注目すると……

・1人目は、目的がわからない。

・2人目は、家族を養うため。

・3人目は、偉大な聖堂を創るため。


どの職人を選ぶのも自由ですが、1人目はさすがに辛そうですね。

2人目はどうでしょう。

2人目の目的は、家族を養うことです。素敵なあたたかい家族ですね。

では、レンガ積みに関してはどうでしょうか。

そうです!
2人目は、家族のために「お金を稼ぐこと」を頑張っているのです。

もっと稼げる手段があれば、レンガ積みをやめるかもしれません。

3人目は、偉大な聖堂を創るために作業をしています。

つまり、レンガを積むこと自体が、彼にとってはとても大切なことなのです!
最高の聖堂を創るために、試行錯誤するはずです。

目的があれば、それを達成するために、人は行動したくなるのです。

『人は最後は、一番欲しい感情のために突き進む』
人は、実現したい未来に向かって、突き進みます。

それは、実現したときの「感情」を手に入れたいからです。
その「感情」を手にした自分をイメージしているから、困難にも立ち向かうことができます。

「変わりたいはずなのに、やる気が出ない…。」

そう感じている方は、現在と実現したい未来が、繋がっていないだけなのです。


いかがでしたか?

あなたの今していることの先に、本当に実現したい未来はあるでしょうか?

自分にやる気がないからと言って、自分を責めたり、周りと比べる必要もありません。

目的がはっきりし、実現したい未来が明確になった時、そこへ突き進む意欲や勇気が湧いてくるだけなのです。

どのレンガ職人が良い、悪いではありません。

その選択の先に「本当の幸せ」があるかどうかです。

私は家族を大切にしながら、大聖堂を創ります。2人目と3人目のいいところ取りです(^^)

みなさんは、どの職人になりたいと思いましたか?


※自分の「本当にやりたいこと」や「心から夢中になれること」を仕事にしたいと思った方は、ぜひAWARENESSセミナーの「SBM」をご活用ください(^^)/
(そのために必要不可欠な会計知識はPBMで!)