計画をたてない人の5つの言い訳【AwaLab~アワラボ~】 | 株式会社 AWARENESS
Loading...
Loading...

AwaLab

 

計画をたてない人の5つの言い訳


目標は計画的に達成することが大事です。
たまたま達成するのと、計画して達成するのでは全くもって質が異なります。

目標の未達を繰り返してしまうとしたら、
多くの場合それは計画の段階に問題があるのかもしれません。

逆に、いつも目標を達成し続ける人は、
綿密な計画を練って実行しています。

目標を達成するために計画が大事だとわかっていても、
やらない理由はなんでしょうか?

多くの場合、以下「5つの言い訳」があてはまります。
是非チェックしてみてください。



①「計画をたてる時間がない」

これは最も一般的な口実です。
1日の計画を立てて行動している人はあまりいません。

計画を立てる時間がないと言いながらも、
実際は快楽の時間(テレビや二度寝など)を優先していることが多くみられます。
②「やるべきことは、もうわかっている」

わかっているなら、尚更計画は重要になります。

最も大切な価値観を明確にし、
本当はどうしたいのかを自分自身に問いかけることで、
新たな課題が見えてくるでしょう。

未来の出来事をコントロールするためには、
毎日を計画的に過ごすことが大事です。



③「緊急の仕事が多すぎて、計画通りにならない」

中断が日常に起こる環境ならば、
予期せぬ出来事に対して即対応できるように準備しておき、
その環境に見合った計画を立てればよいでしょう。

時間が限られている場合は、
課題を細分化し大きな課題の隙間に入れるようにしましょう。



④「緊急事項がたくさんあり、細かな計画を立てる余裕がない」

計画をしないのではなく、
計画をもっと意義のある効果的なものにしましょう。

計画に柔軟性をもたせるためにも、
自由な時間をつくりだすことが必要になります。
⑤「計画の立て方がわからない」

ほとんどの人が正しい計画の立て方を理解していません。

計画の立てる際は、
まず目標に沿って何をすべきかを具体的に書き出し、
期限を決めことからはじめ、その上で、優先順位を明確にし、
最重要事項から実行しましょう。

そうすれば、例えやり残したことがあっても、
重要度の低い課題だけが残ります。