【確定申告特集第4弾!】「確定申告の方法」 【AwaLab~アワラボ~】 | 株式会社 AWARENESS
Loading...
Loading...

AwaLab

 

【確定申告特集第4弾!】「確定申告の方法」


あなたは生涯で払う税額をご存知ですか?

日本人の大卒男性の平均生涯年収は約2億5000万円、そのうち納税額は約3000万円にもなるといわれています。

もし、税金コントロールをすることで、あなたの手元に、このお金の一部が残ったら、あなたは何をしますか?

そんなことを考え、わくわくすると、税金もより楽しく学べるかもしれませんね!


これまで、税金について知識を得る大切さをお伝えしてきましたが、いよいよ実践の方法をお伝えします。

この先にある、わくわくする未来に向かって、実践まで学んでいきましょう!


まずは、確定申告までの大枠の流れをお伝えいたします。


《12月頃》
 ・書類を準備する
 ・情報を整理する

《1月頃》
 ・申告書を作成

《2月16日~3月15日》
 ・提出

《4月・5月頃》
 ・納税又は還付

1月1日から12月31日までの、1年間分を、翌年2月16日から3月15日までに申告するために、12月頃には準備を始めたいところですね。



今回はこの中でも、はじめの、書類の準備についてお伝えします。


【必要なもの】

◆源泉徴収票
・会社から取り寄せる。
・会社によっては、取り寄せに時間がかかることもあるので、注意が必要。

◆マイナンバーカード
・お持ちでない方は、マイナンバーを確認できる書類と身元確認書類の2点が必要。

◆使った費用がわかるもの
・売り上げを上げるために使った費用を計算、証明するため。
・レシートや領収書、明細書などがあげられる。

◆売上額を整理できるもの
・売り上げ確定日と実際にお金が支払われた日を記入するため。
・売上入金口座の通帳や受領書などがあげられる。

◆印鑑・キャッシュカード又は通帳
・戻ってきたお金を振り込む口座を記入するため。

◆各種控除を証明するもの
・自分の控除に合った書類を用意する。
・代表的なものに、生命保険料控除、社会保険料控除、寄付金控除などがあげられる。


これらを用意したら、いよいよ確定申告書を書いていきます。
申告書は国税局HP(http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/yoshiki/01/shinkokusho/02.htm)よりダウンロードできます。


申告書には白色と青色の2種類があります。
それぞれ記入項目や、条件が異なってくるので、それぞれに合った申告書が必要です。

次回は、白色と青色の違いについて、お伝えします!


「継続は力なり」

確定申告に向けて、少しづつ学んでいきましょう。

次回もお楽しみに!


【確定申告特集第3弾!】「確定申告しないと…」

【確定申告特集第5弾!】白色申告と青色申告って何が違う?