エンパワーメントメッセージ『良好な人間関係の礎』【AwaLab~アワラボ~】 | 株式会社 AWARENESS
Loading...
Loading...

AwaLab

 

エンパワーメントメッセージ『良好な人間関係の礎』


大杖正信

Executive Coach

2018/04/14

いつもありがとうございます。


DRSの大杖トレーナーのエンパワーメントメッセージをお送りいたします。



人生における3大苦とは、「健康・経済・人間関係」です。


その「人間関係」は、幸せに6〜7割も影響しています。


人は、誰もがみんな幸せになるために存在しています。


「健康」を求めるのも、それがあれば気持ちいいと感じ、害すれば辛い気持ちになったりするからです。


「経済」を求めるのも、お金があることで幸せに繋がると感じ、ないことで不安を難しいと感じたりします。


そして、「人間関係」においても同様に、良好な関係に幸せを感じ、難しい関係に悩まされたりします。



もし、あなたが少しでも人間関係が難しいと感じているなら、良好な人間関係を築く「鍵」になる内容です。


ぜひ、ご覧ください。

──────────────
エンパワーメントメッセージ
『良好な人間関係の礎』
──────────────

人と関わるときに必要な4つのルールがあるといわれます。


それは…

1.すべての人は程度の差こそあれ自分本位である。

2.すべての人は自分に最も強い関心を抱いている。

3.すべての人は自分が重要だと感じたがっている。

4.すべての人は他人に認められたいと思っている。


すべての人は自尊心を満たしてほしいと強く思っているのです。


その欲求がある程度満たされて初めて、人々は自分のことを「忘れ」、他人に意識を向けることができる。


また、自分を好きになって初めて、人々は他人に対して友好的になることができる。



従来、自己中心的な人は自尊心が高すぎると信じられてきました。


だが、臨床心理学の研究で、自己中心的な人は自尊心が高すぎるのではなく低すぎることがわかったのです。


自分との関係がうまくいっているなら、他人との関係もうまくいく。


自分との関係がうまくいっておらず、他人との関係もうまくいっていない人は自尊心が欠如しているので、自尊心を取り戻すことが唯一の解決策となります。


自分を少し好きになれば、他人のことも少し好きになることができる。


いったん自分に対する不満を乗り越えれば、他人に対して批判的でなくなり、寛容の精神を発揮することができるのです。



「金持ち喧嘩せず」ということわざがありますが、まさに自分の心が満たされていれば、誰かと事を荒立てることはしません。


自分の心が満たされるとは、自尊心が満たされているということです。


自尊心が満たされるとは、愛情袋が満たされることでもあります。



愛情袋とは、愛情をためる袋のこと。

人からもらう愛情とは、「ほめられること」「笑顔」「称賛」「ハグ」「笑い」「親愛のまなざし」「認めてもらうこと」等々。


そして、自分の愛情袋がまず先に一杯にならないと、優しい言葉や気遣いといった、人を思いやる余裕はできないのです。



良好な人間関係の第一歩は自分自身との良好な関係を築くこと。

人間関係の技術を常に向上させることが重要なのです!

大杖正信