知ってるようで知らない 「脂肪を溜めない食事法」 【AwaLab~アワラボ~】 | 株式会社 AWARENESS
Loading...
Loading...

AwaLab

 

知ってるようで知らない
「脂肪を溜めない食事法」


近頃は、腸内環境の大切さを知る人も増えました。

腸は、第2の脳と言われ、内臓の司令塔をしています。

腸がしている大きなこととして、
1:幸せを感じさせるセロトニンを作る
2:健康を支える免疫機能を整える

の2つがあります。

そして、私たちが食べたものの消化吸収には、ものすごいエネルギーを必要とします。

臓器に負担がかかると、むくみ冷えが起きたり、基礎代謝量が下がったりしてしまいます。

とはいえ、ごはんを食べないと力が出ない…という方もいるでしょう。

そこで「消化」にエネルギーをかけすぎない食事の時間帯、順番についてご紹介します。

消化をコントロールして、
代謝効率のよい体づくりを
食事に関する体内時計は、次のように3つの時間帯に大別されます。

・4時~12時 = 体内浄化(排泄)
・12時~20時 = 食物摂取
・20時~4時 = 栄養吸収



『脂肪を溜めない食事法』
■体内浄化(排泄)の時間帯(4時~12時)の食べ方


①新鮮な果物を食べる。
②前日に食べ過ぎて空腹感が無いときは無理して食べない。
③食べない場合でも水分は十分に摂る。


この時間帯に消化の負担が重い食べ物(特に肉・魚)を食べると、体内浄化(排泄)のプロセスに支障が出て、体内の毒素が十分に排出さません。

特に起床後、体が排泄を行う際、糖質と水分が一番必要となります。

果物は、糖分はもちろん、抗酸化作用の高いポリフェノールを含むことから、代謝を促進させます。

便通を促す食物繊維も豊富なので、「体内浄化(排泄)時間の朝」にはピッタリです。

果物は焼いたり、砂糖などを加えたものではなく、生の果物を摂りましょう。



■食物摂取の時間帯(12時~20時)の食べ方

①野菜を中心に食べる。
②炭水化物(ご飯・パン・麺類)と
タンパク質(肉・魚)を一緒に摂らない。


この時間帯に食べた物が夜中に栄養として吸収・利用されます。

お昼ご飯はちょうど「消化」の時間です。

急激に血糖値を上げないサラダから食べましょう。

また、消化に時間のかからない、アボガド、豆腐や納豆などがオススメです。

とはいえ、出来れば腹5分目にするのがおすすめです。

間食は、ナッツ類やドライフルーツ(特にドライいちじく)、ハチミツがオススメです。



■栄養吸収の時間帯(20時~4時)の食べ方

①夜ご飯は寝る3時間前までに食べる。
②昼食と同じく、サラダから摂り、食後のデザートは控える。


肉や魚を摂る場合は、可能な限り、炭水化物は摂取しない方が良いです。

消化時間の異なる食べ物を夜に食べると、消化エネルギーが大幅にかかるからです。


このように、消化エネルギーを最小限にすることで、代謝の良い体が作れ脂肪を溜めない体づくりに繫がります。

ぜひ、できるところから取り入れてみてください。